ダウニー 濃縮と非濃縮 違い

ダウニー 濃縮と非濃縮 違い

ダウニーは、「濃縮タイプ」と「非濃縮タイプ」があります。

 

その違いは、「濃縮タイプ」の方が、「香りを長続きする処方(香りのマイクロカプセル配合)」
がされており、「非濃縮タイプ」は、香りが長続きする処方がされていない柔軟剤です。

 

非濃縮タイプは香りが長続きしない?

結論的にどちらの方が、香りが長続きするのかは、「濃縮タイプ」になりますが、
かといって「非濃縮タイプ」は、香りが長続きしないかというと、そうではなく、
乾燥後もちゃんと香りが長続きします。

 

色々なダウニー関連のレビューを見てきましたが、洗濯の仕方や柔軟剤の使用量、
乾燥の仕方や干し方など、

 

「個人の環境が大きく影響します。」

 

環境によって、濃縮タイプでも香りが長続きしないように感じたり、非濃縮でも香りが長続きしたりなどと言う事が起こりますが、使い方を工夫することで、ある程度はコントロールできます。

 

実用性も損なわない非濃縮

例えば濃縮タイプを使用して、「香りは好きだけど強すぎる」など柔軟剤の使用量を減らす方も多いかと思いますが、柔軟剤の使用量を減らすと、本来の役目である「ふわふわ感」も減少してしまいます。

 

濃縮タイプは、柔軟効果も濃縮されているので、使用量を減らすと香りと共に柔軟効果も減少します。

 

そこで、非濃縮タイプなら多少、使用量を減らしても柔軟効果は損なわず、
香りも抑えることもできるので、「実用性も損なわないで使える」のが利点です。

 

問題点

ただ、問題点として同シリーズで、「濃縮タイプ」と「非濃縮タイプ」の両方があるのが、ダウニーの(エイプリルフレッシュ)と(クリーンブリーズ)だけですので、かなり限定されています。

 

ダウニーシリーズ 濃縮タイプ一覧

ダウニー

濃縮&非濃縮

ダウニーインフュージョン

濃縮タイプ

メキシコダウニー

非濃縮タイプ

メキシコダウニーDX

非濃縮タイプ

ベトナム(アジアン)ダウニー

濃縮タイプ