柔軟剤 赤ちゃん

柔軟剤 赤ちゃん

赤ちゃんの肌はとっても敏感で、ちょっとしたことでかぶれてしまったり、とても肌トラブルが起きやすいです。
その為、いつも肌に触れる衣服やタオルなどには細心の注意を払わなくてはいけません。

 

いつもお洗濯をするお母さんが気になるのは、洗濯をするときに使う洗剤や柔軟剤でしょう。そこで、赤ちゃんの為に気をつけたい柔軟剤のポイントをまとめてみました。

 

柔軟剤の入れ過ぎはNG!

通常、皆さんが使用しているほとんどの柔軟剤には、

 

「陽イオン界面活性剤」

 

が使われており、この成分が衣服を柔らかくしたり、静電気を抑えたりしてくれます。

 

ですが、「陽イオン界面活性剤」は毒性が高く、柔軟剤を大量に使用するとタオルなどの吸水性が悪くなり、肌が弱いと大人でも湿疹やあせもといったトラブルを起こすことがあります。

 

現在では、ほとんどの柔軟剤に界面活性剤が使用されているので、柔軟剤は使わない方が良いのかというと、柔軟剤を使わないのも、赤ちゃんにはあまり好ましくないんです。というのも、赤ちゃんにとっては衣服やタオルの「ゴワゴワ」も、刺激になって肌を傷つけてしまう恐れがあるからです。

 

柔軟剤を使わなくても柔らかく仕上げられれば良いのですが、ドラム式の洗濯機などはそれも難しいですし、やはり柔軟剤は必要不可欠と言えるでしょう。

 

ですので、「柔軟剤の使用量」には特に気をつけましょう。

 

基本は「低刺激」「香料が少ない」

柔軟剤を使って衣類を柔らかくした方が赤ちゃんの肌には良いので、赤ちゃんの肌にもやさしい成分でできた柔軟剤を選ぶことが必要になってきます。赤ちゃんの肌に良いのは

 

「低刺激」で「香りが強くないもの」が好ましいです。

 

具体的には「植物性」の成分でできたものなど、天然成分で出来たものが良いでしょう。

 

また、赤ちゃん用という表記がなくても、アトピーや肌トラブルを抱えた大人にも安心して使用できると謳われている柔軟剤も通常の柔軟剤より肌に優しく、赤ちゃんにも使用できることが多いので、選ぶ際に気にしてみると良いかもしれませんね。